ケモモンに四国・歩き遍路やったことある香具師いる? 漏れも罪深い人生送ってきたから挑戦したい [511393199]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1的井 圭一 (アウアウウー Sa05-EBT7)2019/02/11(月) 22:26:33.87ID:px8FBKsHa?PLT(15100)

気力も体力も、3日ともたなかった。08年9月下旬。高嶋仁は、智弁和歌山理事長の藤田照清に背中を押され、生まれて初めての四国遍路に旅だった。
だが、徳島の1番札所、竺和山一乗院霊山寺から歩き始めて3日目で、音を上げた。

高嶋 1日目が、半日歩いただけでもうえらい(きつい)のなんのって。
1日何十キロって歩いたことないやないですか。3日目に立つのもやっとっていうくらいになって電話を入れたんです。家内に「もうあかんわ」って。

夫の弱音など聞いたことがなかった紀久子は、さすがに心配になった。高嶋は当時62歳。
長年の酷使で半月板を損傷した両膝の痛みにずっと苦しんでいた。
「無理せんと、1回帰ってきて体調整えてから行ったらどう? まだ時間はいくらでもありますよ」と妻に帰宅を促された。
ところが、その言葉を聞いたとたんに「帰れるわけないやろ」と逆に闘志を奮い立たせたのが、高嶋らしさだ。
いや、もしかするとへこたれそうな心に火をつけてほしくて、愛妻の声を聞いたのかもしれない。


高嶋は出発前にあれもこれもと詰め込んだリュックを再点検した。
洗面用具、シャツとパンツの替えだけ残し、あとは家に送り返した。まず体を身軽にした。

それでも思うように足は前に進まなかった。膝に加え、毎日足の裏にできるマメの痛みは想定外だった。
夜、マメの水ぶくれを針でつついて中身を出し、殺菌消毒薬を皮膚の中に入れ、なんとか翌日も歩いた。
予約した民宿に2度たどり着けないことがあった。
断りの電話を入れた際には「そんな人がおるんで、受け入れられんのです」という厳しい返事にたじろいだ。

高嶋 そりゃそうでしょう。もうお遍路のシーズンは過ぎとるわけです。1人か2人の泊まり客のために飯を作り、風呂を沸かさなあかん。
それでキャンセル言うて来たら、怒りますわ。それで飯を作ってもらう必要のないビジネスホテルのある場所はホテルに泊まるようにしたんですが、
徳島を出るまでは死ぬかなと思うた。それくらいしんどかったんです。

資金調達にも四苦八苦した。お遍路姿で1カ月超の生活費を持ち歩くわけにはいかず「小さな町にも必ずあるから」と夫人の勧めで郵便局のキャッシュカードを作った。
これで大丈夫と安心していたら、なんと暗証番号を忘れてしまった。

高嶋 「なんでどこかに書いとかへんの!?」って嫁さんに怒られて。
そんなんやったことなかったんで。学校は現金支給。結婚以来、給料袋の封を切ったことがなかった。
封筒ごと渡して、そこから小遣いやら入り用をもらっていたから。自分の給料がなんぼかも知らんかったんです。

どれほど生活が仕事と野球に占められていたかを、思い知った。

新しかったスニーカーはすり切れ、石が入ってコロコロ鳴った。山道ではふらつき、危うく滑り落ちかけた。
「だから白衣を着とるんか…。死んだらこのまま納めてもらえる」と着衣の意味を知った。
金剛づえにすがり、はうように歩いた徳島の遍路道。それでも高嶋は歩き続けた。不敗を誓った人生を表しているかのようだった。(敬称略=つづく)
https://www.nikkansports.com/m/baseball/column/kunikarakoko/news/201901220000493_m.html?mode=all

2番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (オッペケ Srd1-D3oh)2019/02/11(月) 22:31:07.37ID:rwSr/XdGr
自動車でだけど遍路に行ったことがあるぞ
歩き遍路もチャレンジしたい

やったよー46日で野宿しながら歩いたよ。2006年だね。

菅直人w

5番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW 9197-XbAo)2019/02/12(火) 01:16:51.86ID:hBxjWNAa0
車で4周目の途中だけど歩き遍路は暇と金に余裕がある人の道楽ですわ

6番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW d9ca-S4RG)2019/02/12(火) 01:28:32.82ID:EYKxMAQ50
今したら脱走犯と間違われるだろ

7番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW 4288-nNZf)2019/02/12(火) 01:28:57.57ID:gbmb8Nri0
56 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/06/20(木) 23:51:22.67 ID:McKOm02/0
流れぶつ切りで失礼する。

去年の夏に田舎へ帰る途中で体験した事なんだ。
車で田舎まで2時間半程度なんだけど、流石にずっと運転はしんどいから途中コンビニで休憩してた。
軽く体操して目薬差してお茶飲んで・・・ってしてたら東の方からお遍路さんが歩いてきた。
まぁ夏はお遍路さんも増えるから気にもならずいつもの光景・・・・・・だったんだけど、よく見ると人の形をした藁?みたいなのを背負ってる。
店の入り口で荷物を置いて、そのお遍路さんは飲み物を買いに行ったみたいだった。
あんまりジロジロ見るのも失礼だと思ったんだけど、その人形はなんていうか人形と言うよりも人を藁で覆った様なそんな不気味さがあった。
(なんで人形を背負って・・・?)とすごく気になってジーっと見てた。
するとコンビニから出てきたお遍路さんがオレの視線の気がついたみたいで、荷物の中に買い貯めした飲み物を入れながら話しかけてきた。

「なぜ人形を・・・という顔をされてますね?」
「はい、お遍路さんはよくお見かけますが、人形を背負って周ってらっしゃる方にははじめてお会いしました」
「はは、実はこれ私の女房のつもりでして」
「奥さんの・・・?と言うと?」
「女房は昨年うつ病をこじらせて自殺しまして・・・少しも女房の気持ちに気づいてやれなかったことが申し訳なくてね」
「それは・・・突然の事で寂しくなられて・・・」

その男性は埼玉の方から来たと話していた。
他愛ない会話、四国のここがいい、とかそんな事を話していたと思う。

話に花が咲いて30分ほど喋っていただろうか、男性がそろそろ出発します、と荷物を背負い人形を抱えた。
オレも田舎に昼までには着きたかったから挨拶をして別れた。

「それじゃあ、僕も西の方へ行きますんでまた機会があれば。お身体大事にしてください」
「ああ、どうもありがとう、キミも気をつけて」

コンビニの駐車場から出てミラーでお遍路さんを見る。
右手を振って挨拶してくれている姿に(奥さんも一緒に周れたらよかったのにな・・・)と思った。

8番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW 4288-nNZf)2019/02/12(火) 01:29:49.47ID:gbmb8Nri0
57 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/06/20(木) 23:51:56.49 ID:McKOm02/0
次の瞬間助手席のドアがガチャッと音を立てて開いた。
開いたといっても半ドアになっただけなんだけど・・・。
でも60キロくらいで走ってたから、人やバイクに当たったら大変だと思ってすぐに路肩に車を停めて運転席から腕を伸ばして助手席のドアのリムをひっぱった。
ふぅ、とため息をついて運転席に戻りシートベルトをしめて安全確認、右のドアミラー、左のドアミラーと順番に見たら、助手席側のドアミラーに一瞬だけ髪の毛が写った。
は!?と内心ビクッとしてバックミラーを見た。
遠くでお遍路さんがオレが停まってるのに気づいてまた手を振ってくれている。

その後ろで人形の右手も一緒にゆらゆら揺れていた。

本気で怖くなってフルアクセルで走り出した。
ルームミラーを見るのが怖くて怖くてどうしようもなかった。
田舎についてじいちゃんにコンビニでこんなお遍路さんに会った、と話したらため息をつきながら話してくれた。

「昔っから人の形したもんには人の魂みたいなのがつきやすいって聞いたわ。そりゃ死んだ奥さんの魂なのか、全然知らん人の魂いれて歩きゆうがやろ」
「そんなバカな話し、マンガやホラー映画じゃないんやから・・・・」
「アホ、藁人形もそうやし市松人形もそうじゃろうが?人の形したもんは安易に持ち歩いたりせんほうがええがじゃ。そりゃその旦那さんは奥さんの事考えてそうしたがやろうけど、周りに居るのが奥さんやとは限らんきの」

結局この後そのお遍路さんには会わなかったし、知り合いのお寺にも来てないって言われた。
周りの店で聞いても「人形を背負った人らぁ40年ここにおって見た事ない」と言われてしまった。
車のドアロックも異常なし、それ以降身の回りにも異常はなし・・・・。

9後藤 (ワッチョイWW 4185-JuxT)2019/02/12(火) 02:30:26.94ID:zHwFlMbY0
お遍路さんよか山伏の修業してみたいのうw

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています